新宿からバスで2時間ほどに位置する伊香保温泉は石段の風景で有名です。
関東の温泉地は草津温泉にスポットがあたりがちですが、都内からだと草津よりも近く日帰りでも気軽にふらっと行けるのが伊香保温泉!

対象読者
・温泉好き!
・東京から気軽に行ける温泉を探している
・日帰りで遊べるスポットを探している
・伊香保温泉のおすすめが知りたい

今回は1日目草津、2日目伊香保という温泉はしご旅をしましたので、伊香保温泉にスポットを当てながらご紹介します!
草津温泉についてはこちらの記事で紹介していますのでご覧ください!

草津→伊香保

草津温泉バスターミナルから出ているバスで1時間半ほどで到着できます。

注意点としては新宿が終点のゆめぐり号に乗車するため、途中下車する人たちはバスの予約ができないことです。当日バスターミナルに行って、席が空いていたらその場でチケットを購入して乗車することができます。予約ができないので万が一乗れなかった時のことを考えて余裕を持ったスケジュールにすることをお勧めします。

今回は10時発のバスに乗車ができました。少しドキドキしていましたが、休日にもかかわらずコロナの影響なのかほとんど人は乗っていませんでした。
バス時刻表
11時半に伊香保温泉石段街に到着です。バス停の目の前が石段の入り口になっているので早速街歩きスタートです。

名物「水沢うどん」ランチ

日本三代うどんと言われている水沢うどん、伊香保に来たならぜひ食べたい!(今回で三代うどん制覇!)

混む前にまずはランチということで、水沢うどんの名店と言われている大澤屋に行ってきました。普段は行列ができるそうですが、コロナの影響か少し早めのランチだったからか、並ばず着席。それでも店内はほぼ満席でした。

天ぷらとうどんのセットをごまだれで注文!

透明感のある綺麗なうどんです

コシがあって美味しい!けど讃岐うどんほどの強いコシはなかったかなと思います。
つけダレは2種類から選べますが珍しいのでごまだれを選びました。ごまだれも美味しいのですが個人的にはうどんは普通のお汁が好きです。

群馬はたいていの蕎麦屋さんで舞茸の天ぷらがある気がしますが、すごく大きくて美味しいのでこちらも必食!

河鹿橋

石段街を上り切ると伊香保温泉神社があります。そこを抜けて右の方に進んでいくと露天風呂に続く道がありますのでズンズン進んでいきます。河童橋まで意外と距離がありましたが自然の中を歩くので気持ちの良い道です。
途中で美味しそうな鮎の塩焼きをおばあちゃんが売っていたので寄り道。鮎大好きです。子持ち鮎でした。

コロナで店内には入れませんでしたが、川に面していて景色が良さそうです。

そこからすぐに河鹿橋に到着。

まだ紅葉には早かったですが、紅葉シーズンにはライトアップも行われています。

近くを流れる川が温泉なのか錆びた色をしていました。温泉に入るのが楽しみです。

伊香保温泉露天風呂

さらに進んで露天風呂を目指します。途中に飲泉ができるスポットがあるので体の中からも温泉成分を取り入ることができます!こういうの好きなので飲んでみます。ものすごく鉄の味。うん、まずい。

伊香保温泉露天風呂は伊香保温泉神社から少し奥の方にありますが、源泉のすぐ横に位置しているフレッシュな温泉です。

450円で露天風呂のみ、洗い場はないのでかけ湯をしてお湯を楽しみましょう。
やっぱり露天風呂は最高ですね!山の中にあるので野趣あふれる感じでとても気持ちが良かったです!見上げると空の青と木々だけで、こんなに自然の中で源泉掛け流しに入れるなんて、、若干の秘湯感もあって本当におすすめのお風呂!
お湯は熱めとぬるめの2種類。熱めもそこまで熱くありません。

硫酸塩泉で、鉄の匂いがします。子宝の湯と言われているそうです。

公式ホームページから

伊香保温泉露天風呂

山頂の見晴し台までハイキング

温泉神社まで戻ると何やらハイキングコースのようなものを発見。売店の人に聞くと山頂までロープーウェイがあるけど、歩いても行けるということで、ハイキング好きな私たちは歩いて山頂を目指しました。

結論から言うと、行きはロープーウェイ帰りはハイキングがおすすめです。山の中を歩くのは気持ちがいいですが、傾斜がある階段をひたすら登るわりと地獄なコースが途中まで続きます笑 時間にすると30分ほどのコースだったと思います。(あやふや)

そんなこんなで山頂に着くと、一面の霧!何も見えません。

これはこれで幻想的でミステリアスな雰囲気を楽しめました。
なんだかミステリー小説の世界に入り込んだみたいです。

温泉まんじゅう発祥のお店「勝月堂」

伊香保温泉神社のすぐ近くに、温泉まんじゅう発祥のお店があります。伊香保温泉の温泉の色をイメージして、茶色の皮になったそうです。
もちっとしていてい美味しかった!

足湯で疲れを癒す

ハードなハイキングでかなり疲れが溜まったので、石段の途中にある足湯に入ることにしました。石段街に足湯はここしかなさそうだったので結構混んでいます。

足湯に入るとすっと足が軽くなるから、温泉の力は本当にすごいなと思います。今回ばかりは全回復とまではいきませんでしたが、ダメージ軽減できました!

絶景カフェでスイーツタイム

バスの時間まで1時間半ほどあったので、カフェタイムをすることにしました。

伊香保温泉石段街の道路を挟んだ向いにある「茶屋たまき」であがり餅のごまあんをいただきました。

黒胡麻がとっても美味しいです。窓際のカウンター席は山に面していて自然を満喫できるお席でした。

気分だったのでアップルパイも。

石段街名物たまこん

甘いものを食べた後は、石段街に戻って名物の玉こんを!上りはじめてすぐのところにあります。
玉こんにからしをつけて食べるのってなんでこんなに美味しいんだろう。最高です。
3つで100円ですが、閉店の5時ごろにいくと一つサービスしてくれました!美味しすぎて2串食べました

伊香保の旅終了!新宿へ

17時半ごろのバスに乗って新宿に帰ります。

伊香保温泉の石段街だけなら日帰りで楽しめますが、周辺にも観光スポットがあるので車で来て一泊してゆっくりするのもいいなと思いました。

なんといってもハイライトは露天風呂でした。あのお風呂に入るだけでも価値ある旅になると思います!