YMSに当選してまず気になることが仕事探しではないでしょうか。

ワーホリと違う特徴として、YMSはワークビザなので選べる仕事の種類が広がり、正社員になることも可能です。

私の経験を交えながらイギリスでの仕事探し事情をお話します!

対象読者

・ymsでオフィスワークを探している
・フリーランスしながら海外で暮らしたい
・プログラマー転職について知りたい
・海外在住者におすすめのフリーランスエージェントが知りたい

今回は話さない内容

・アルバイト

私のことについて

簡単にまとめると、

歯科衛生士→ワーホリ→日本での社内SE歴2年と少し→YMS2021後期

簡単すぎたので詳しいプロフィールやイギリスに行く経緯は以下をご覧ください。

未経験転職プログラマーのその後

私の探している仕事は以下のどちらかです。

  1. 今後のキャリアも考えてプログラミングに関係するお仕事
  2. スポンサービザが出る可能性を視野に入れて、職種関係なく日系企業での正社員オフィスワーク

せっかくイギリスに来たのでイギリスでのオフィスワークも体験したい!
しかしスポンサービザの可能性は低いと思うので、プログラマーとしての仕事を見つけた方が帰国後も仕事につながるかなと迷いながら二つの道を視野にいれながら就活を進めました。

仕事探しの方法

以下の二つの方法が一般的で、私もそのように進めました。

MixBという日経掲示板の求人ページをチェック
・イギリスでの仕事を紹介してくれる日系のエージェントに登録

エージェントは料金はかからないので仕事探しを始める際はまず登録しましょう。

yms申請の時点ではまだ渡英日が何ヶ月も先ということもあると思います。そんな時は3ヶ月前くらいの登録がいいのではないかなと思います。私は申請後すぐに登録をしましたが、2ヶ月前くらいにならないと求人お知らせの連絡はなかなか来ないです。あまり早くに登録すると忘れ去られていることもあるかもしれないので3ヶ月前くらいがちょうどいいのではないかなと思います。(早々に登録したエージェンからは連絡が少なかったです。)

エージェントに登録すると、まずは担当者と面談があります。

面談で聞かれたこと
・渡英予定時期
・希望年収
・今までの職歴
・どんな仕事を探しているか、など

最終的に3つのエージェントに登録しましたが、そのうち一つだけ英語力を見るために簡単な英語の質問をされました。
長所と短所を聞かれましたが、何も準備もしていない、英語も2年以上離れていた当時の私は、はちゃめちゃなことを答えたと思います笑 それが影響しているのかはわかりませんがそのエージェントからの紹介が一番少なかったです。

登録した3つのエージェント
JACリクルートメント:たまに紹介があります。
ピープルファースト:mixBを見て気になる求人があり、連絡後登録となりました。まだ紹介数は少ないですが一番レスポンス早いので信頼できます。
センターピープル:ここが一番連絡がないです。

イギリスのIT関係の求人事情

パンデミックの影響か、紹介される求人はとても少ないです。プログラミング関係のお仕事でお願いしていますが、たまにある紹介はIT系と言っても開発というよりヘルプデスクやコンピュータ周りのサポートのお仕事がほとんどです。イギリスでオフィスワークならそれでもいいかなとも思いますが、せっかくのプログラマーのキャリアを捨てることになるしと応募するか迷いました。

イギリスでプログラマー仕事を探そうと思うと、日系企業ではマネージメントができるようなシニアレベルのエンジニアが求められていて、私のようなジュニアレベル向けの求人はほとんどない所感です。あったとしてもインフラエンジニアしか見かけないので私のスキルセットとはマッチせずに断念。

じゃあジュニアレベルのエンジニアの需要はないの?っていうとそうでもなく、現地のイギリス系企業なら需要があります。ただ、ローカル企業となると戦う相手は現地のイギリス人。ビザの期限の心配もいらない、言葉も不自由しないイギリス人と、2年しか働けないカタコト日本人を比べたらイギリス人を採用しますよね。どこかに需要はあるかもしれませんがなかなか狭き門だと思います。

結果、イギリスでプログラマーとしてオフィスワークの仕事を見つけるって、私の今のレベルではとても難しいことが発覚しました!

どうしたもんかなと思いつつプログラマーを続ける選択肢を残すべく、並行して日本の案件を探すことにしました。エンジニアになったきっかけでもある憧れのノマドワーカーをやってみよう!という感じです。

フリーランスとしてイギリスで暮らす選択肢

世界中のどこでも働けるのが魅力的でエンジニア転職した私なので、ついにあの時憧れたノマドワーカーさんになれるのかとソワソワしながら仕事探しを始めました。

まずはクラウドワークスをチラチラみますが、長期の案件が少なく断念。

短期的だと不安定だよなと思い、本格的に仕事探しを始めたタイミングで、フリーランス向けのエージェントに登録することにしました。

海外在住フリーランスに立ちはだかる時差問題

いくつかエージェントに話を聞いてみたものの、フルリモートokだけど海外在住はNGだとか、日本時間で働いてもらわないと無理。と案件紹介に至らず断られてしまいました。
時差の関係で素早いレスポンスはできないし連絡も取りづらいし、そりゃそうだよなあ、と思います。わざわざ海外在住者を雇うメリットなんてありません。もっと私のレベルが高ければ、、とも思います。


じゃあ日本時間で働いてみるかと考えてみます。ロンドンと日本の時差は9時間。早朝から働かないといけないし、あまり昼夜逆転になってしまうとしんどいしイギリスライフ楽しめないしな、と思い日本時間で働くことは視野に入れないことにしました。

この道も塞がれたか、と思ったところに救世主が現れました。

海外在住者におすすめのフリーランス向けエージェント

クラウドワークスと同系列のフリーランス向けのエージェントを見つけました。

クラウドテック

使ってみていいなと思ったポイントは2つ!

リモートの案件が多数
フルリモートで探しているのでここは嬉しいポイントでした。
実際にイギリスからのフルリモートでもどんどん案件を紹介してもらえました。
週3日、4日の案件が多数
私にとってはこれもすごく大事なポイントでした。
ポンドの収入も欲しいので、日本の案件をメインの収入にしつつも、イギリスでパートタイムの仕事をして家賃や生活費を少しは稼ぎたいなと思っているため、週5では働き詰めになってしまいます。

何件か応募をしながら面談を待ちましたが、やはり海外在住もネックになるのか面談に進むものはあまり多くありませんでした。そりゃそうだよな、と思いつつ日本とイギリスでの就活を並行して進める日々です。

日本にいながらイギリスの就活もできるなんて、本当にインターネット偉大です。

お互いに紹介金がもらえるキャンペーンをやっていますので、登録の際は以下のリンクをご活用ください!

クラウドテック紹介リンク

仕事が決まる

本格的に仕事探しを初めて2,3週間ほど経った頃、クラウドテック経由で業務委託でのお仕事が決まりました!3ヶ月の契約期間でもしかしたら切られてしまう可能性もありますが、その間も並行してイギリスで就活を進めて、いいお仕事があればそちらに切り替えてもいいかなと思っています。

無職期間は1週間ほどでしたし、イギリスにいってから就活中も収入があるのはとてもありがたく何より心の平穏が保たれます笑

とりあえずプログラミング続けることができます!ヤッター

渡英後、これからのこと

今後はプログラマーにこだわって仕事探しを続けるのかオフィスワークで幅広く探すのかまだわかりませんが、今あるお仕事に精一杯取り組みながら、就活はゆるく続けていこうと思っています。

そしてポンドの現地収入が欲しいので、渡英後にパートタイムのお仕事を探す予定です。できればカフェバイトしたい野望もありますが、仕事の関係ですぐやめちゃう可能性も考えるとどんなことできるかなあ。

今後のお仕事状況はまたブログやツイッターでお知らせするので、フォローやブックマークお願いします!

あと少しの日本滞在ゆっくり過ごしたい気持ちもありますが、早速お仕事スタートです。うまくいきますように。。